2010年01月21日

首相動静(1月20日)(時事通信)

 午前7時5分、公邸発。「今週末にも小沢幹事長が聴取に応じる姿勢だが」に「できるだけ早く身の潔白を説明される機会を得るのが望ましい」。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。(了)

鈴木宗男氏「検察が正義だと思ったら大間違い」(読売新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
しらせが昭和基地接岸=予定より6日遅れ(時事通信)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
社民・福島氏「小沢氏は説明を」(読売新聞)
posted by タマイ ケンイチ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発−東大など(時事通信)

 水に微量を混ぜるだけで、透明で強度のある素材に変化させる高分子化合物を東京大などのチームが開発した。特別な設備を必要とせず、すぐに作れるため、医療現場などで使う素材への応用が期待される。論文は21日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。
 東大大学院工学系研究科の相田卓三教授らは、水中に溶けた粘土の粒子と結合し、粘土を「足場」にして立体構造を作る有機高分子化合物を開発。この化合物を、粘土を溶かした水に入れてかき混ぜると、数秒でコンニャクのように固まる。
 この素材は透明で、95%の水分を含んでいるが、コンニャクの約500倍の強度があり、透明性を犠牲にすればさらに強度を高められるほか、ゴムのような弾性を持たせることも可能だという。
 相田教授は「化合物の基本的な骨格は、安全性が確認されている。混ぜるだけでいいので、再生医療などの現場で医師が使える素材になり得る」と話している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か
子ども手当創設で大幅増=自公政権の抑制から転換-10年度予算案・社会保障費

捜査書類など隠した疑い…巡査長を書類送検(読売新聞)
関西元気文化圏賞の大賞に「水都大阪2009」(産経新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
北沢防衛相 インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
posted by タマイ ケンイチ at 04:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)

 枦勝重さん61歳(はし・かつしげ=ベスト電器常務)13日、胆のうがんのため死去。葬儀は16日正午、福岡県筑紫野市杉塚6の11の1の善光会館筑紫会場。喪主は長男孝一(こういち)さん。

 昨年4月、ベストと提携先のビックカメラが新設した共同出資会社「B&B」(福岡市)の社長に就任した。

経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速−日航再生計画(時事通信)
皇居で講書始の儀(産経新聞)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言−菅財務相(時事通信)
<将棋>久保が三間飛車 王将戦第1局(毎日新聞)
企業・団体献金禁止、福島氏前向き亀井氏慎重(読売新聞)
posted by タマイ ケンイチ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。