2010年02月24日

<日弁連>「第三者委」でガイドライン(毎日新聞)

 企業や自治体が不祥事を受けて外部有識者で設置する「第三者委員会」の運用について、日本弁護士連合会(日弁連)が今春にもガイドラインを策定する。弁護士が委員になるケースが多いのに、調査結果がお手盛りで事実に即していなかったり、公表すらしない事例もあるためで、正確な情報開示の徹底を呼びかける。

 調査対象からの独立性を保つ▽報告書は原則公開し、説明責任を果たす▽調査方針を明確にし、組織の体質に踏み込む、などを盛り込む方針。策定に携わる国広正弁護士(第二東京弁護士会)は「第三者委を正常に機能させ、健全な市場と社会を築くべきだ」と話している。【鳴海崇】

【関連ニュース】
水俣病:第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き
御前崎港のクレーン故障:復旧、最短でも4月末 県、第三者委発足へ 
<年金の第三者委員会>

また「撮り鉄」?お座敷列車止める…滋賀(読売新聞)
道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)
<裁判員裁判>初の「区分審理」決定…大阪地裁(毎日新聞)
「シュワブ陸上部」移設案、政府内に肯定意見(読売新聞)
ストックオプション 相次ぐ脱税摘発 東京国税局、元シティ在日幹部を告発(産経新聞)
posted by タマイ ケンイチ at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。