2010年06月02日

当麻寺は不思議ワールド(産経新聞)

【麗し大和】(22)

 緑に包まれた塔2つ。平地にあって天を望む威容もいいけれど、春は緑、秋は紅葉に寄り添うたたずまいはまた格別だ。二上山の山すそに抱かれるように建つ当麻寺は、古代創建時の東西三重塔(ともに国宝)が現存する唯一の寺として知られている。

[フォト]国宝の当麻寺東西両塔、創建以来初の公開 扉の中に仏像も

 創建は612年、その後現在の地に移ったとされるが、謎が多い。日本最古という白鳳時代の梵鐘(ぼんしょう)や石燈籠(いしどうろう)が残っていて、そのころにこの地を地盤とする当麻氏の氏寺として建てられたようだ。

 蓮糸で曼荼羅(まんだだら)を織り上げたという中将姫や相撲の開祖・当麻蹴速(たいまのけはや)など、当麻寺は伝説に彩られた不思議ワールド。が、なんといっても、調和しながらも個性がまったく違う東西の塔ほど興味ひかれるものはない。

 東塔は奈良時代末期、西塔はやや遅れて平安時代初期と創建時期にずれがある。高さも東より西がやや高く、てっぺんの飾り、水煙(すいえん)のデザインも違う。西は各層の柱間が3間だが、東は初層だけが3間で上は2間と狭くなり、これは極めて珍しいそうだ。何より、塔の相輪といえばふつう9輪なのに、なぜか当麻寺の両塔だけは8輪なのである。

 「当時は定型がなかったのかも」と笑う塔頭(たっちゅう)、奥院の川中教正副住職。6月20日まで両塔の初層を創建以来初公開している。

 「スマートな印象の東塔、どっしりと風格のある西塔と、その違いを楽しんでいただければ」(文 山上直子)

【関連記事】
時代劇の撮影できる? 町家の楽しみ
お茶はいつから飲まれるようになったのか?
う〜ん、美しい。。。ブツブツと仏像のこと 
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜
iPadが上陸

<サッカーW杯>登録以外の若手帯同へ 岡田監督
<傷害>道路にロープ…原付きが転倒、61歳軽傷…愛知(毎日新聞)
新任研修、4割の介護職員「受けていない」(医療介護CBニュース)
「これからも連立の中で」鳩山首相、社民に求める(産経新聞)
衆院厚労委員長、藤村修氏が辞意(産経新聞)
posted by タマイ ケンイチ at 00:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

うしゃぁぁぁ!!!借金完済したぁぁぁ!!!
つか毎日チ〜ンポはめはめしてたら、いつの間にか無くなってたしな!!w

こんなラクな仕事あんならもっと早く教えてくれよって感じだぜwww
http://7hiq3kz.Az.KaSira-d.net/
Posted by ちょwwwマジでボロ儲けwww at 2010年06月05日 05:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。